TOPページに戻る

秀吉の野望・改
改良版はこちら!


ボーシム研新作「道具屋の人生」


道具屋の人生の裏技公開キャンペーン中!
1. このアカウントをフォローする。
2. このつぶやきをリツイートする。
3. 「裏技教えて」とメリッサにリプライする。
4. ダイレクトメッセージで、裏技をお教えします。
(ただしLite版では使えません)

ゲーム画面



遊び方

ゲームの目的
このゲームは戦国時代の文禄の役(1592~1593)を題材とした歴史シミュレーションゲームです。敵軍を全て倒すことが目的ですが、プレイヤーは1人の武将として行動します。勝つことだけでなく、日本の他のライバル武将よりも多くの「勲功」を稼ぐことが目的です。
ゲーム開始
タイトル画面をタッチするか、決定キー・Enterキーを押すとメニューが表示されます。「はじめから」を押下します。次のモード選択で、まずは「史実モード」を選択しましょう。「上級モード」は敵の配置・移動がランダムで、敵の数も増えています。次の画面で、プレイする武将を選択します。兵士の数が多いほど、難易度がやさしくなります。日本軍は一番隊から真田隊まで14の隊に分かれていて、どれかの隊に所属することになります。名前の横に「主将」と出ている武将は、その隊の責任者で、行動の制限が少なくなります。
画面説明
最初の時代背景の説明が出た後、画面タッチか決定キー/Enterキーを押すと、地図が出ている画面になります。左上の「文禄元年四月」が今の月日です。右に「行動回数 3」とありますが、1ヶ月に3つのコマンドを実行できるという意味です。右上に自分の武将の情報が出ます。「兵数」が0になるとゲームオーバーなので、常に注意してください。「勲功」は敵を倒すなどで上がるスコアです。左に朝鮮半島の地図が出ています。李氏朝鮮の時代は8つの「道」に分かれていました。下の←/→ボタンを押すと赤い枠のカーソルが移動し、右下に道の情報が出ます。青い枠は自分の居る道です。日本軍の数が敵軍以上の道には、日の丸が出ます。道の情報の下に「日本制海権 50%」と出ていますが、日本と朝鮮軍の水軍兵数の比率で変動します。日本/敵軍ボタンを押すと、道の敵味方の部隊情報が出ます。武将を選択すると、各武将の列伝(解説文)が見られます。
「軍事」コマンド
右下の行動ボタンを押すとコマンドメニューが出ます。「軍事」→「攻撃」を選んで、敵部隊を選ぶと、この月の終了後に敵に攻撃します。「移動」は、隣の道に移動します。プレイヤーが主将で移動したい場合は、「移動」で隣の道に自分の隊ごと移動します。主将でなければ、コンピュータの主将が移動させてくれますが、主将に「移動」を提案することも出来ます。「編成」は主将だけが行えます。自分の隊の兵士を増減できますが、部下の兵を減らすと友好度が下がり、最悪帰国してしまうので注意してください。
「要請」コマンド
「要請」→「援軍」で、他の道の味方を自分の道に呼ぶことができます。このコマンドで味方部隊を1箇所に集中させることが勝利の鍵となります。「徴兵」は、本国から兵を呼び寄せますが、勲功が減ります。兵が少なくなったらこの「徴兵」コマンドで増やしましょう。
「内政」コマンド
「内政」→「検地」で、勲功が増えます。プレイヤーの武将の「政治」が高いほど効率良く上がりますが、道の「反日感情」が上がります。「反日感情」が悪化すると「義兵」が増えやすくなり、また住民に兵糧が盗まれることがあります。「徴収」でその道の住人から兵糧を奪いますが、「反日感情」が大幅に上がります。兵糧が0で戦闘を行うと味方の「士気」が低くなります。なお、反日感情は何もしなくても徐々に上がりますが、戦闘で敵を壊走させると一時的に下がります。また、咸鏡道には3つ目の内政コマンドがあります。試してみてください。
「訪問」コマンド
現在居る道の武将に面会できます。「友好度」が上がり、主将にコマンド実行の提案が通りやすくなります。また、戦闘で加勢して貰いやすくなります。能力が低い方の武将の能力が上がることもあります。プレイヤーの武将が主将でない場合は、まず自分の隊の主将と仲良くすることが先決でしょう。
「謀略」コマンド
「知略」の高い武将でプレイする場合は、このコマンドを活用しましょう。「強奪」で敵の鉄砲と大砲を奪うことができます。「讒言」は同じ道にいる味方の「勲功」を下げます。主将より勲功が100多くなれば主将に取って代われます。毎年1月に勲功が高い武将に褒美が出ますが、その対策にもなります。
「終了」コマンド
その月の行動を終了します。このコマンドを選択しなくても、3回行動すれば自動的に終了します。その後、プレイヤーの居る道に敵がいれば、戦闘が発生します。戦闘終了後、次の月に移ります。

Q&A
兵糧の流通について
兵糧は日本制海権に比例した量だけ、本国からまず慶尚道に輸送されます。その後北のほうに輸送されます。道の国旗が日本でなくなると、補給路が分断されてそれより北の道には輸送されません。李舜臣・李億祺・元均の部隊を殲滅すれば、日本制海権は100%になります。その前に日本の船手衆が全滅してしまうと、0%となります。
戦闘について
戦闘では兵数か士気が0になると敗走します。士気が低いと兵が減りやすくなります。計略や大砲で混乱すると兵数表示が青くなり、その月は攻撃が出来なくなります。また宣祖、王子、李舜臣など名のある武将を倒すとより多く勲功が入ります。なお戦闘はプレイヤーが居ない道でも行われています。
八道国割について
史実の文禄の役では、日本軍はまず首都漢城を目指し、その後第一隊から第八隊までを8つの道に割り当てて個別に攻めさせました。このゲームでも各隊はそのように動きます。しかしこの戦略は決して妥当ではなく、戦力が分散してしまいます。各主将と友好度を上げて、要請コマンド等で兵を効率的に動かし敵を各個撃破することが、プレイヤーの役割となります。
ゲームのセーブについて
ゲームのセーブは行動メニューから中断を選択し、「保存して中断する」でセーブできます。タイトル画面で「つづきから」で再開できます。ハードキーの戻るボタンを押すとセーブされずにアプリが終了するので、注意して下さい。

TOPページに戻る